会社沿革

■1955年(昭和30年)
北川組設立
大阪府八尾市上之島町南5丁目
民間建築工事を施工
■1959年(昭和34年)
伊勢湾台風の災害復旧工事を施工
地域の住宅及、子安地蔵・枚岡神社改修工事等
■1965年(昭和40年)
八尾市立高安中学校曳工事を施工
■1968年(昭和43年)
本社移転 大阪府八尾市上尾町1丁目29番地
■1972年(昭和47年)
北川 博が代表者に就任
人力解体から、重機使用解体工事に進む
■1974年(昭和49年)
各ゼネコンの協力会社となる
金光八尾高等学校新設工事を施工
■1975年(昭和50年)
公共工事入札参加業者となる
■1976年(昭和51年)
廃棄物焼却処理施設設置
■1976年(昭和51年)
公共建築工事受注の推進
八尾市立高安中学校造築工事を受注(RC造)
■1978年(昭和53年)
公共土木工事受注の推進
河川・道路工事
■1979年(昭和54年)
産業廃棄物処理業の大阪府許可取得(焼却)
■1987年(昭和62年)
関西電力の建築、土木工事の指定協力会社となる
■1988年(昭和63年)
近畿電気工事株式会社(現在きんでん)の管路舗装本復旧指定業者となる
■1989年(平成元年)
北川組ビル建設(一期工事)
大阪府八尾市上之島町北6丁目21−1
本社移転
■1990年(平成2年)
土木・解体工事に伴う大型重機導入の二期計画を進める
(八尾市旧庁舎解体撤去工事受注)
■1991年(平成3年)
北川ビル造築(二期工事)
大阪府八尾市上之島町北6丁目21−1
■1992年(平成4年)
公共下水道推進工事の推進
寝屋川南部流域柏原八尾幹線下水道管渠築造工事9工区を受注
■1994年(平成6年)
破砕機による産業廃棄物処理施設を建設する(大阪府許可)
■1995年(平成7年)
阪神淡路大震災の復興に取り組む
■1998年(平成10年)
災害時の緊急救助体制を整える
八尾市建設業安全協議会設立
■1998年(平成10年)
北川ビル造築(三期工事)
大阪府八尾市上之島町北6丁目21−1
■2000年(平成12年)
大阪支店設置
大阪府大阪市平野区長吉六反5丁目9-31
■2003年(平成15年)
廃土・残土リサイクル施設建設
■2003年(平成15年)
特定非営利活動法人 未来の環境を考える会 法人認証
■2004年(平成16年)
大阪府より「アドプト・ロード・本町」認定交付される