社会活動

コンプライアンス・環境への取り組み・社会貢献

代表者 北川将至 ごあいさつ
皆様方には平素より、弊社の取り組みである「環境への取り組み/社会貢献活動に御理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

1987年(昭和62年) 
街から「暴力団追放」をする運動を始めました

旧八尾市庁舎にて1988年(昭和63年)
マイクロバス・街宣車購入

指定暴力団山口組系組長が地元建設業者と手を組んで、八尾市等の公共工事に介入してきました。私は、暴力団員をはじめとする反社会的勢力の排除活動を積極的に推進致しました。
1991年(平成3年)12月、私は2人組に、八尾市庁舎の駐車場にて白昼(午前10時)襲われました。命は助かったものの、金属バットで右脇腹に一撃をくらった為、後遺症は未だ残ったままです。

●1994年(平成6年)新八尾市庁舎にて

襲われても更に、「暴力団追放」活動を諦めませんでした。
再度、私を暴力団山口組系・組員等が襲ってきたことから、大阪府警本部に被害届を出し、直系組長等は逮捕され、結果組は解散となりました。

猛毒ダイオキシン追放の活動をはじめました

●野焼き追放バス

八尾市では、は昭和40年から高安山の麓で造園、解体業者等は廃材を野焼きし、なかには暴力団関係者もおりました。人口の35%もの住民が30数年間日夜、24時間煙公害で苦しみ公害問題が深刻化となりました。

八尾市は昭和50年ごろに野焼き禁止条例を制定しましたが、一向に効果が無く、高安山の麓では約100軒もの業者が一日中野焼きをし、外環状線は煙で運転者は前が見えず、事故も多発する事態にまでなりました。

私に何度も地元住民からの要望もあり、昭和50年から野焼き追放のパトロールを致しました。私は、当時の内閣総理大臣であった中曽根氏へ直接「屋外での焼却行為禁止」の法案を提出しました。
2006年(平成18年)指定暴力団山口組系最高幹部の八尾市人権安中地域協議会・理事長が安中解放会館を占有し、八尾市政に介入を始めました。更に、公共工事業者等を脅し、金銭を要求します。逆らうと、私の自宅に深夜火焔瓶を投げられ放火されました。暴力団山口組、同和行政を利用したこの者たちは、大阪府警本部に逮捕されることになり、私が1人検事証人として、大阪地方裁判所で証言しました。首謀者は実刑判決となり、これらの組合組織は壊滅しました。

私は平成3年にイギリスでゴミ処分について調査する機会がありました。教わったことは、全ての燃焼行為から発生するダイオキシンを、イギリス人は200年前に発見していたのです。国民の健康を守るため、100年前国内において、産業生産、ゴミ工場等、更に野外での燃焼行為は一切禁止の法律が施行されていました。イギリスの美味しい空気、澄み切った青空、福祉の行き届いた国の歴史でした。平成10年からは、ダイオキシン発生から八尾市民の健康を守るためにも、野焼き行為者に直接会い、止めるようにと説得を続けました。毎日、マイクロバス等、2台の車輌にて、野焼き禁止のパトロールを何年も続けることにより、高安山の麓に青空を取り戻したのです。

猛毒ダイオキシンで思うことは、イギリスへの海外留学生は、圧倒的な数で中国人の子ども達が大学を毎年卒業しています。中国は、急速な経済発展に伴い、広い国土で製造産業から延々と止まることなく天へ黒煙を吐き出しています。人口15億人以上と言われる生命を脅かしていることに、国民は気が付くでしょう。

2007年(平成19年) 青色防犯活動を実施

●青色防犯パトロールカー

大阪府警本部より「自主防犯活動を適正に行える団体」として認証を受け、青色回転灯を装備した車両にて防犯パトロールを実施しています。児童へのいたずら、ひったくり、空き巣等の犯罪阻止に日夜、私たちは取り組んでいます。

トイレの神様

さて、私も還暦を過ぎ、62歳となりました。54年間、毎朝トイレなどの掃除を続けております。これも、掃除により、心の乱れ、濁りを取り除き、身体を動かすことで、心身も鍛えられ、健康な毎日を送っているから出来ることだと「感謝」の毎日です。早起きの家庭で育った私は、8歳(小学校2年生)から、朝6時に家を出て、山本小学校へ登校し、早朝よりトイレを磨き、校門の掃き掃除をするのが日課でした。小学校卒業の時、校長先生より「善行書」と書かれた一枚の紙を手渡されました。担任の先生は私に「北川、これを大事にせよ。」と一声、あたたかい言葉を下さいました。残念なことに、その大事なものをいつの間にかなくしていましたが、54年間毎朝「掃除」を続けてきたのは、大きな3文字が私の人生に影響しております。冬の早朝は凍りつくように冷たく、寒く、夏は蒸し暑く、頭皮まで湯気です。
人生、生涯貫く「建設業」の仕事と「掃除」一筋に一生懸命です。早朝、会社のトイレを素手で磨いているとき、便器から声が聞こえる・・・そんな不思議な出来事があります。
最後に・・・

一番の社会貢献は納税です

企業として、更に高く納税に反映する努力をいたします。